ブラック企業・病気・貧困を通して実感したお金と結婚の大切さと女性の生き方。



◆ヒモ暮らしのアラサー女子

どうも、おねえさんです。

な、なんか記事タイトルが暗いな・・・。

おねえさんは現在、ヒモのような
ダメ人間あふれる暮らしをしています。

家賃・光熱費類・食費・交通費・レジャー費など
ほぼすべて彼氏のお世話になっている。

9.90:0.10くらいの割合なんじゃないでしょうか。

そんな究極にお金のないアラサーのわたしが
女性にはお金が必要なんだなということに
改めて気付いたことでも書いていこうかと。

女性の貧困・ブラック企業経験などなど
わたしの身に起こったことも踏まえながら
最後にはさまざまな人生の教訓も書いてあるので
ぜひ二番煎じにならぬよう熟読していただきたい。

女性の生き方について考えていきましょう。


お金ナイナイとは言ってますが
わたしの生活はけっこう多忙です。

働く大人ならそんなもんかな?

土日はいい加減休んでいるので
土日出勤がある社畜のみなさんに比べれば
まあ可愛いもんなんだろうなとは思うけど
1日8時間労働って正直長いですよね。

身体の疲れから換算すると
4時間くらいでいいのに・・・って思うw

現実には平日、昼頃から在宅のPC仕事で
終わるのは早くて20時、遅くて0時。

前はよく3時とかまで働いてましたね。

20時頃に終わったら休む間もなく
夕食と翌日の彼氏の弁当作りをする。

0時とか夜中まで仕事する場合は
「ダメだ終わらん」と一旦料理をしたり
仕事片付けてから弁当作る感じ。

時間ないから洗濯物は週1~2回で
買い出しは基本的に週末まとめて。

「そもそもなんで朝から仕事しないのよ」

との耳の痛い声が聞こえてくるんですけど
だいたいわたしが新しい仕事を始めた時って
早起きもできるし仕事しまくってても
けっこうピンピン生きてるんですよね。

しかし・・・

◆ワーキングプアな貧困アラサー

それが毎日、数週間、数ヶ月・・・
と積み重なってくることで疲れがたまるのか
必ず夜寝れないようになってきてしまう。

夜のうちに次の日の仕事をすることもあるけど
いかんせん部屋が6畳1Kだし彼氏も寝てるんで
カタカタやってても申し訳ないなって。

しかも暗闇でPCとか自分も目がチカチカする。

そんなわけでわたしには何もしない
無の数時間が夜中に訪れるわけです。

最悪の場合朝6時くらいまで
寝れなかったりするんですよね。

プラスわたしは10時間くらい寝ないと
日中常に眠くて頭が回らないという
症状に見舞われるロングスリーパーで、
正直昼に起きるのもきついくらい。

ショートスリーパーに生まれていたら
どんなに1日が充実しただろうか・・・
と思うことが実際よくある。

そんなわけで睡眠時間とデッドスペース(時間)が
削れないばっかりに多忙さが増している気がする。

一応これでも彼氏が寝たあとに
片付けしたりネコのトイレ掃除したり
風呂に入ったりもしてるんだけど。


◆そういう道を選ぶのにもワケがある

朝は食事とるかとらないかという感じで
洗面台とかがよく詰まるので掃除したり
ネコトイレがたまると踏んだ上に走り回るので
まずはそこらへんの掃除など雑事をこなす。

なんやかんやで30分~1時間後
とりあえず仕事を始めまして、
終わったら・・・と繰り返しの毎日。

労働時間は長くなってしまうんだけど
これがまた薄給なんですよね。

今までやってた案件よりはすごいマシだし
ここ数ヶ月でマックスまで昇給できたけど
それでも月給にしたら「ないよりいいか」っていう額。

あまり職場とかで苦労してきてない人からは

「なんでそんな仕事続けてるの?」
「他にも派遣とかあるじゃん」

って当たり前のように言われるんですけど
わたしは以前ブラック企業で打ちのめされ
心身共にヤバイ状態になってしまったので
「いつでも気軽に辞められる仕事」しか
できなくなってしまったんですよね。

本当は今の仕事も仕事内容はいいとして
毎朝担当からの連絡を確認するのが苦で
モラハラの記憶が蘇って動悸とかするくらい。

今の担当さんはすごいいい人だから
続けられているんだと思う。

それでもストレスのせいなのか
夜中に吐き気やら腹痛で起きたり
っていうことは頻繁にあるんだけど。

あと、やっぱりこの仕事(企業)が向いているのか
普通にやってても褒められるし評価されるから
前の会社みたいに常に緊張してるわけじゃなく
やり取りだけ我慢すればいい感じですかね。

銀行の引き落とし問題があって
無理に夜の仕事してたときなんかは
足が尋常じゃなく震えるようになって
「お金のことは心配しなくていいから」
って彼氏が辞めさせてくれたんですよ。

今の仕事は労働時間については
18時とかに切り上げたいけど締め切りと
納品ノルマがあっての契約なので
現実には無理やなーて感じ。

もともと他にも受けている仕事はあったけど
また別の職種でいろいろトラブルもあり
最近は仕方なく休止状態。

問題は解決したけどこの忙しさのなかで
土日返上してまでその仕事をするかっていうと
「土日くらい休ませてくれ」っていうのが本音。

休日と言っても家事はあるし。

そんなわけで、

自分の時間はとにかくないし
土日にちょっと遠出とかすると
疲れが取れなくて平日がきつかったり。

しかも自分の欲しいものを買う余裕もなく
給料はもっぱら友人の結婚式のご祝儀として
確保している感じ。

そういう状況で働きづめだったわたしに
最近すごい変化が起こりました。


◆時間もお金もない女は破滅する!

大それたタイトルになったけどw

でもね、これはけっこう本当だと思うな。

今までお金が無いなら無いなりに
物欲なんて湧いたことがなかったんですけど
さすがに美容室に行かなくなって半年以上、
洋服を買わずに半年以上経った頃ですか。

つまり最近なんだけど、

「なんかもう・・・着たい服もないし
わざわざ化粧してまで出掛けるの嫌だな・・・
帰ってきたらまた色々やることあるし・・・」

ってすごい鬱っぽくなったんですね。

仕事と家事に追われて疲れるだけ疲れて、
ご褒美なんてなければお給料もお小遣い程度、
生理用品やら基礎化粧品、コンタクトレンズを買って
ご祝儀包んだらもう残るものなんてない。

なんのために生きてるんだろうなあ・・
なんのために働いてるんだろうなあ・・

って思いますわ。

そしてついにわたしは
彼氏と出掛ける約束をしていた土日

「もう何を着ればいいのかわからない」

と服選びを放棄し、へたり込んでしまいます。

もう服を選ぶ元気さえなくなりました。




◆しかし、さすがおねえさんの選んだ彼氏。

「服を買いに行こう!!」(※買ってあげるの意)

抜け殻のようなわたしの姿を見て
彼氏はそう言いました。

いや、今までも言われたことはあったんだけど
わたしがお金ないからって彼氏のお金使ったら
結婚したあとのマイナスは変わらんし、と思って。

将来の貯蓄額とかも決めてあるからこそ
そのために毎日自炊してるんであって
何か買ってもらおうとかはあまり思ってなく。

でもさすがにわたしもこのままだと
ストレスが原因で益々ヤバイ方向に行くなと
本気で思ったので3度目の正直ということで
後日、洋服を買ってもらうことにしたのでした。

目標の貯蓄額は話し合って下げることにした。

ファッションビルをいくつか回りましたが

「こんなの半年以上ぶりだ~!」

「買ったやつ自分で持ちたい!
なんか買い物したって感じ!!」

とか、初めて東京で買い物する少女かよw
ってくらい、はしゃげて楽しかったな。

服を買うっていうのは
こんなにも楽しいものだったのかと。

なんとなく買ってたあの頃とは
買い物の重みが全然違うんですよねー。


◆そして美容室にも行かせてもらった。

ロングなんで巻いちゃえばそんな気にならないけど
やっぱバサバサだとみすぼらしいし、そもそも
カラーリングとかしたの1年前か・・・?w

っていうことで美容室にも行かせてもらいました。

トリートメントとか自腹じゃほぼやらないし
ロング料金を恐れてカットも行かなかったけど
やっぱりちゃんとしたら綺麗になるもんだな、と。

最近加齢のせいで毛穴が歪みだした説があり
毛髪がチリチリになってきたのが悲しすぎるが・・・。

そういう容姿を保つ意味でもお金と時間は必要。

ちなみに美容室と洋服をプレゼントしてもらい
彼氏がわたしに放ったのがこの言葉です。

「ごめんね、ぜんぜん気付かなくて。
そうだよね、女の子だからおしゃれとかしたいよね。
また秋になったら買おうね」

いやいやいやいや・・・!
そもそもわたしに財力ないのが問題だから!

それでも、そんなふうに考えてくれる彼氏に
おねえさんは心から感謝したのでした。

神様なのかな。仏様なのかな。

目から血が出そうなくらい感動しました。

便器にうんこの跳ね返りとかつけるけど
そのくらい目をつぶろうって思いますよね。

洗い物率先してやってくれるのはいいけど
全然汚れ落ちてなくて二度手間なんじゃーーー
ってなるけど、そのくらい許しますよね。


◆そして、今のところ心はとても平穏。

人間やっぱりご褒美があれば納得いくのか
お洋服が手に入ったあたりから不機嫌さが収まり
仕事もあまり苦ではなくなりましたw

見返りって、お金って、自由って大事ですね。

そして女という生き物にはお金が必要なんだな、
っていうこともよくわかりました。

特にお金がないうえに仕事が忙しくて
ストレスがあったりするともうおしまい。

ろくに食べてもないのに何故か太るし、
かといって運動するような元気と時間はなく
化粧品すら満足に買えなくなってくる。

お金があれば休暇だって取りやすいし
生活に必要なものだけじゃなくて
「欲しい」と自分の心が動いたものを
買うことができる。

「素敵な服があればいいな」

と思って店を覗くのと

「どうせどれも買えないけど」

と思って冷めた目で眺めるのでは
人生の楽しさがまるで違うのは歴然。

こんなわたしから言えるのは以下です。




ブラック企業に当たるとマジで最悪なので
今この瞬間から貯金を始めるべし。

そうすれば何かを修得したり
気分転換するためのお金に使えるので
次の職探しの展望が開ける。

わたしは少ない貯金を切り崩して数ヶ月でなくなり
身も心もボロボロのまま日払いの水商売やって
かなりしんどい思いをしました。

そして人間嫌いが加速しました。
もう二度と雇用されたくありません。



ブラック企業に入ってしまったら
たとえ1か月でも勇気を出して
辞表を出すか失踪しなさい。

おねえさんも失踪しましたが
決断するには遅すぎました。

健康は本当に何物にも代えられない。
わたしは今でも薬飲みながら働いてます。

実家で暮らしたり他人の家に居候してもいいから
とにかくまずブラック企業とは縁を切ること!



焦って婚活貧乏に陥らないこと。
おねえさんは【無料・恋活応援サイト】
で今の彼氏と知り合いました。

ネットには変な男も多いですが
それはパーティー系でも同じことなので
どうせなら時間とお金のかからない
出会いサイトが断然おすすめです。

所詮女性は体力・性質的に長期的
あるいは持続的に現役でいるのは難しいので
メインでの収入を確保してくれる男性を
婚活によって見繕うのは全く悪いことじゃない。



大してときめかなくても
生理的に無理じゃなくてまともなら
ちょっと小金持ちくらいの男性を選ぼう。

大金持ちになると不倫ほぼ必須なので
真面目に生きてたらなんだか昇給して
お金が貯まってたよ、って人がおすすめ。

ストレス感じませんって健康優良児なら
普通程度の男性と共働きでももちろんいいけど
万が一の時相手の給料だけで生活できないと
産後に調子戻らなくて働けないとかって時大変。


◆最後に

こんなところですかね。

いろいろ書いたけど、
女の人には余裕とお金が必要です。

旦那さんが仕事から疲れて帰って
ピリピリしてる女がいたら余計疲れます。

そして、現実的に余裕とお金を手に入れるには
それなりにお金のある人と結婚するっていう
方法くらいしかないんじゃないかな。

副業とかもあるけど、
それもまた余裕がないと始められない。

こう言うと男性はますます結婚イコール
金目当てって思うかもしれないんだけど
本当に大切な女性と出会ったら

「お金とかいいから笑顔でいてくれ!」

ってことになるはずなので
金目当てを疑われるくらいであれば
その男の人とは結婚しない方がいいですね。

日本女性の貧困が年代問わず増えているし
女性は見栄を張らずに男性の財力に頼りましょう。

貢がれてこそ、くらいに思いましょう。

わたしも最近自分は嫁候補じゃなくて
もはや愛人じゃないかと思い始めました。

愛人系彼女、悪くないんじゃないかなあ。


色香

スポンサーサイト

都会育ちが久々に大自然に触れたらブヨという天敵によって返り討ちに遭った。



どうも、おねえさんです。


なんだか今年は大して雨も降らぬまま
気付いたら梅雨入りして感じだし
気付いたら梅雨明けまで済んでいた。

「あ、そうなの?」

って思ってその後すぐ都心部の貯水量に
心配が及んだけどわたしの力ではどうにもできない。

とりあえずパンピにできることと言えば節水だが
どこぞのセレブが大量の水を噴水のごとく
使用しているかもしれない・・・なんて思うと
大変馬鹿げたことに思えてきたり。


そんな辛気くさい話はまあいいとして
先日彼氏と川へ行ってきました。

川遊びなんて何十年ぶりでしょうか!?

ってくらい久しぶりだったので
なかば変なテンションになりつつあったけど

「とりあえずああいうところで肉を焼くなら
初心者は絶対に着火剤を買わないと
夕方まで火起こしに苦しむんだな・・・」

といい勉強になりました。

「炭に火が移るの時間かかるみたいだけど
言うても根気よくやってればつくっしょ」

と思ってたけど、つきませんね。
まったくつきませんよ。

でももう足場の悪い階段とか岩場を
紆余曲折経てかいくぐった後なので

「また上に上って買いに行くのもなあ・・・」

って面倒な気持ちが勝っていたわけで。


途中彼氏が炭にライターの
継ぎ足し用オイルみたいなやつを
どばどばかけて火をつけようとしたので
意外に強引な男だなと思った。

で、一瞬はボワーっと燃えるんだけど
すぐさま燃え尽きるので仕方なく崖を登り
着火剤と新聞紙(薪代わり)を入手して
なんとか夕方5時6時くらいに火がつく。

おなかがぺこぺこです。

普段食べないような贅沢な肉をまるごと焼き
ジャンにちょっと劣る程度の微妙なソースを
どばどばかけて食べるという豪勢な感じでした。

その前後でプロキャンパーみたいな
頼もしい家族(しかし誰も楽しそうでない)
から援助を受けることができたりして
帰りなんか子供たちのかざすライトに
照らされながら崖を登ったんですよ。

そりゃ夕方から用意すりゃ
諸々片付け終わるのは夜ですわ。

ここまで自分たちで何もできないと
なんだか恥ずかしくなってきますね。

これでも一応いろいろ調べたんだけど
やっぱ実地体験が何よりものを言うよね。

やっぱ何事も経験だよね。


・・・


そうだ、すっかりブヨの存在を忘れていた。

肉を食べている時などしきりに身体に痛みを感じ
何かと思ったプチっと血が出てるんですね。

毒蜘蛛に刺された時は現場を押さえたんだけど
それ以外は正体がわからず・・・

でも周りを飛んでいる虫とか
物に留まってるのを観察した感じだと

「ハエ・・・かなぁ?」

くらいな感じでまるで警戒してなかったんですわ。

そしたらみるみるうちに全吸い痕が晴れ上がって
尋常じゃない痒みに襲われたわけです。

かゆいかゆいかゆいかゆいかゆい。

カユイカユイカユイカユイカユイカユイカユイカユイカユイ。

とりあえずムヒなんか持ってないんで
そのまま自宅に帰りました。

帰りの車ではわたしの趣味でyoutubeの
怪談をかけ流して楽しんでいたんですが
あろうことか怖がりの彼氏を残し
わたしは寝てしまいました。

なんかオチにたどり着くまでが妙に長くて
プロセス聞かされてるうちに興味がなくなり
眠くなってしまったんですね。

後で訊いたら呪い系の話で
すごい怖かったんだそうです。

山道でひとり怪談を聞かされた彼の身になると
自分はなんて酷い彼女なんだと思いますね。


で、自宅で風呂など諸々済ませて
彼氏に家にある虫刺されの薬を受け取る。

・・・なんか100均で買ったのかな?

って思うようなお粗末なムヒで
もはや外観とかムヒというよりは寧ろ
ノリかなって感じだったんだけど
まあ何もないよりはいいのでそれを塗る。

数日後にブヨにも効果的と言われる
ムヒアルファEXに切り替えたんですけど。

しかし今にして思えば、
この時点で劇薬でもなんでも使って
治しておけばよかったんだと思います。

正体がブヨということはネットで調べてわかったけど
それらの情報通り痒みがおさまるのに2週間かかりました。

しかも蚊に刺された記憶なんて吹き飛ぶくらい
猛烈に死にそうな痒みなんですよ!

ブヨがハバネロなら蚊なんて塩みたいなもんですよ!

しかも日に日に酷くなっていったんで

(掻いたせいだけどブヨに刺されたら
掻かずにいられる人間いないと思う)

BBQで食材に使った保冷剤を患部につけて
生活していましたね。

ほんと、会社勤めじゃなくて良かったと思いました。
会社だったら休んでたかもしれない。

だって明け方とか痒みで目が覚めますからね。

常に氷つけてないと足の中に虫から大量の蚊に
刺されてるような未知の痒みに襲われるんで。


で、刺されてから1週間経っても酷いんで
わらにもすがる思いで調べていたんですが
(病院は金がかかるのでいかない)

そこで

「重症化したらステロイドを使うといい」

って情報を見つけたので彼氏が偶然持っていた
ステロイドらしき塗り薬を患部へ執拗に塗り続けた。

「おいおい、そんなに塗って平気かい?」

「大丈夫、1日数回と書いてある」

なんてやり取りをしながら数日が過ぎた。

すると・・・


な、治った!!!!

いや、まだ完全に痒みがないわけじゃないし
カチカチのしこりもまだ少し残ってるけど
これは劇的に快方へと向かっている!!

と健康への兆しを感じて空が瞬く間に
晴れ渡っていくような清々しさを感じました。

なんていうか、遭難した一艘の船に

「もうすぐ救急隊員が到着します!」

と奇跡的に無線が入ったときのような
そんな感動を覚えました。

痒くないって素敵だと思いました。

「もう切開とか切除しかないかな・・・」

とか思ってたんで、本当に。

そんなだからもう2度と刺されたくないんだけど
彼氏は1度も刺されたことないらしいし
今回も何故かまったく刺されなかったから
ぜひ1度刺されてこの痒さに共感してほしいなあ。

※女のひとは共感が大事だよ!


そんなわたしから言えるのは

①BBQ初心者は必ず着火剤を買うこと
②ブヨに効果的な虫除けを使うこと
③ブヨに刺されたらその場ですぐに毒を絞り出す
④ステロイドを塗ってとにかく冷やすこと
⑤帰りの車でむやみに怪談を流さない

ですかね。

あと地味に怖かったのが
「昨年ここでクマが出ました」
っていう看板ですよね。

あんまり意味なさそうだけど思わず
ちょっと別の降り口を使いました。

シカでも人肉を食べたり
イノシシでも草を食べる時代だそうなので
野生の獣には十分注意しましょう。



色香


超絶簡単レシピ!馬鹿でもできる手軽でおいしい料理とは?



どうも、おねえさんです。

タイトルが凄まじく酷いですが、
前回の記事の続編的な意味合いで
作るのが簡単な料理を書こうかと。

料理のセンスが壊滅的な人でもできるので
自信がない初心者の方はぜひ挑戦してください。


◆実は死ぬほど簡単なアヒージョ

一般家庭で作る機会のないアヒージョですが
実は死ぬほど簡単に作ることができます。

熱したオリーブオイルにエビ・きのこ類など
なんかそれっぽい具・食べたいものを投入し
ガーリック(練りにんにくチューブ)・塩・バジルを
入れるくらいですかね・・・。

しばし熱したらできあがりなので
本当に書くことが何もないです。

スーパーでアヒージョの素とか見かけますが
あれは存在意義がわからないです本当に。

バジルなかったらいれなくてもまあ大丈夫ですし。


◆ポテトフライも死ぬほど簡単です

芽と皮を処理した細切りポテトの全体に
薄力小麦粉をまぶして熱したサラダ油の中へ。

できあがり。

皮付き太めポテトがよければ切った後
揚げる前にレンジで数分温めましょう。

芯の硬さが残りにくくなります。
レンジから出したら揚げるだけです。

揚げたらクッキングペーパーにのせて
油を切って塩をかけるだけです。

スパイシーポテトがよければ
七味唐辛子とコリアンダーもかける。




◆ナスの揚げ浸しも簡単レシピ

ナスを縦半分に切って
包丁で格子状に切れ目を入れ
薄力小麦粉をまぶします。

熱したゴマ油にナスをいれて
「もういいかな・・・」って不安になったら
裏返してもう片面もよく揚げます。

両面に火が通ったら平らすぎない皿に移し
気持ちに余裕があればその後すぐ子ネギも
熱した油にいれて軽く熱を通してナスにかける。

(ガーリックで香り付けしても香ばしい)

で、ナスに麺つゆをかければ完成。


◆肉は焼くだけで美味しい

ステーキ用の豚肉とかは値段のわりに美味しいし
鶏ささみでも構わないのでまずそれを用意します。

で、適当に日本酒でしゃばしゃばしたあと
塩・黒こしょう・コリアンダーをやや多めにかけ
薄力小麦粉をまぶして熱したサラダ油に投入。

頃合いを見てひっくり返したりして
良い感じの焦げ目が付いたら完成です。


◆このように料理とは基本的に簡単

どうですか?簡単でしょう。

料理って実はとても簡単なものです。
むしろ食器の後片付けの方が大変ですよ。

鍋・フライパン・まな板・皿・箸・スプーンフォーク・・・

などなど、わたしはそれらの残骸を見る方が
料理を作るよりも苦だと思います。

食材を混ぜるために使ったボウルとかね・・

彼氏に料理を振る舞う場合こちらが料理を作り、
お礼に男性が洗い物をしてくれるパターンも
多く見られるのでわりと安心ですが。

洗い物が少なくなるようにワンプレートにしたり
揚げてる間に他の食器を洗ったりすれば
効率よく進むので試してみてくださいね。

プロフィール

色香おねえさん

Author:色香おねえさん
自由と怠惰を愛する、どうしようもない系アラサー。いつまで「おねえさん」で通せるか危惧している。

独身で恋活・婚活していたが最近ようやく、まともすぎる彼氏ができた。もともとヤリマンビッチだったが、この彼氏ができたことで真面目に。

20代前半の頃から「セクシー」「エロい」「色っぽい」と突然評価され始めたことを機に、自身の性的魅力に気づかされ、以来、周囲から性に関する悩み相談を受けること多数。

そんな経験を活かし(そして自分のことを時折棚に上げ)独特の切り口で恋愛や男女関係について自論(持論)を辛口展開。

デート・セックス・過去の放蕩記録に加え、おすすめのグルメ・本・音楽や何気ない日々の出来事も書いたりと自由なエッセイ・コラム。

だいたい2日に1回、0時に1記事を更新。「お前は暇なのか」と訊かれるが、ブログを書くので忙しい。

「新たな発想を与える」が信条です。よろしくどうぞ。怖い人じゃありません。お色気だけが取り柄のただの社会不適合なダメ人間です。

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エッセー・詩
3位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム