この女はサイコパスなのか?小松菜奈が魅せる映画「乾き。」



youtubeで偶然予告を観たことで知った
映画版「渇き。」を先日観てみたら
またお気に入りの映画が増えた。

深町秋生の小説「果てしなき渇き」が
原作のこの作品はかなり刺激的な内容。

ヒロインを小松菜奈が演じ
主演はその父親役・役所広司。

その他にも中谷美紀などなど
豪華キャストが並びます。


以下あらすじ。

成績優秀で真面目だった娘の加奈子が
ある日突然、行方不明になってしまう。

父親である藤島は娘の行方を追って
加奈子の友人たちを中心に捜査するが
そこから浮かび上がってきたのは
自分のまったく知らない娘の素顔だった。

闇の組織とつながりを持ち、
「悪魔」と呼ばれた娘の真の目的とは?


そんな感じ。

あらすじ短いですが
これ以上書くとネタバレになりそうなので。

予告動画を観てもらえばわかりますが
加奈子はなんだかいかにもヤバそうですw

その上、どうにも抗えない魅力を
持った女だということがわかります。




全体的に描写もまあそうなんですが
起こる事件ひとつひとつが残虐です。

ひとことで言えば「バイオレンスな魅惑映画」

極悪非道で見るに堪えないのに、
それでも加奈子の謎めいた魅力によって
観客は目を離せなくなってしまう。

加奈子は何をしてしまったのか、
何をしようとし、何を考えているのか。

謎だらけの女のことは幕が閉じた後も
こちらにいくつかの謎を残す厄介な存在。

「結局、加奈子って・・・?」

一度の鑑賞で理解するには難しい映画。




後からさまざまな人の見解を目にして
「あ、そういうことなのか?」と思わされる。

「でも、あの時こう言ってたけど」
とやはり謎な部分は残るのだが。

そういうわけで二度は観たい映画。

ある程度エロとグロが大丈夫な人には
最低でも一回は観てほしいかな。

わたしはまたいつかもう一度観よう。

それにしてもここまで周到で
男女問わず人を夢中にさせる女って
たまーにいるようだけどホラーだわ。

解釈は色々あって何が本当かわからないし
矛盾に満ちたストーリーではあるんだけど

「そんなの自分で考えろ」

ってことだとも思うんですよね。
わたしは加奈子は結局サイコパスだと思う。


色香

スポンサーサイト

一人でいるのが何故か苦手!おひとりさま上手な女性になろう



どうも、おねえさんです。

なんだか最近梅雨とは思えぬ暑さですよね。
もう・・・明けたのか・・・っ!?てなくらいに。

個人的な心配事としては彼氏に持たせた
手作り弁当が腐らないかどうかってことですが
神のみぞ知るところかなと半ば諦めています。

・・・ネットで調べます。


で、今回お話しするのは
いかにして自分一人の時間を楽しむか?

ということについて。

「一人でレストランとか無理・・・」
「一人でいるのはなんだか寂しい」

という寂しがり屋な女性はご一読ください。

ちなみにおねえさん自身はというと
人と一緒にいると気を遣って疲れるので
どちらかというと一人の時間が長い方が
イキイキとしていられるタイプですね。

「人と会話するのとか週に1回か2回の
限られた時間でいいかなあ・・・」

っていう。

まあ人といるのも楽しいわけだけど
自由が制限されるという側面があるので
一人の時っていうのはやっぱり楽なはずです。


一方で

「ひとりで食事ができない。
食べてる時どうすればいいのかわからない」

っていうことを言う人が過去、身近にいました。

わたしからすると「???」っていう感じで
「いや、何って・・・食べればいいじゃないのw」
って思うんですが・・・。

そういう人ってもしかすると
食事そのものにあまり重きを置いてないというか

「このソースはいったい何を調合して
このような深みある味になっているんだろうか」

みたいに目の前にあるものに
興味・関心を抱いていないのかな?
って個人的には思いますね。

それに美味しいものを食べていたら
「寂しい」とか思う以前に「美味しい!」
って感激する気持ちの方が勝つでしょうし。

まあ一週間すべての食事が一人きりだったら
「たまには誰かと一緒に食べたいな・・・」と
そう思うのは自然かと思うんですが
たまにひとりで食べる時に寂しいんじゃ
それってけっこうもったいないなーと。。

「次の仕事ではもっとこうできないかな」

とか

「そういえば来月は連休があるな、どうしよう」

とか

「あの映画はいつまで放映しているだろうか」

とか。

食事しながらひとりで考えることなんて
山ほどあると思うんですけどね・・・。

ちなみにわたしは昼食取りながら
すでに夕食の献立考えたりしているw


あとですね、ひとりで過ごせる時間って
基本的にインプットの時間だと思うのよ。

テレビでも雑誌でも小説でも映画でも
思索でもなんでもいいわけだけど、
周りから制限されない時間だからこそ
気づきとか得られる情報ってあるわけです。

極端な話、ひとりの時間がないとか
それを楽しめないっていうことは
成長することもなければ何かを知ることも
ないっていうことになってくるわけです。

もちろん、彼氏とか友達との付き合いを通して
学びが得られることってあるけれども、
じゃあその目の前にいる相手が困ったら
どうするかしら?

悩みを抱えたり、知識不足で困ったり、
何かをするのに勇気が出なかったり。

ひとりで過ごす時間を持つっていうことは
そういう時に役立つ何かを渡してあげられる
可能性を持つってことだとわたしは思うんです。

それは知識だったり経験だったり、
情報だったり技術だったり色々ある。

言わば勉強の時間。


そして、人と会っている時はアウトプット、
自分の持てるものを人に与える時間です。

もちろん相手から有益な情報を得たり
受け取る何かは存在するけれど
それも自分自身が育っていてこそ
意味のあるもの。

ひとりでいるのが苦手な人は
いずれ誰かのためになると思って
ひとりの時間を楽しめるようになると
いいのではないかと思う。

例えばひとりでレストランに行ったら

「おしゃれなお店だから次は誰か連れてこよう」
「このメニューはもしかしたら家でも作れるかも」
「この野菜はどんな栄養素があったっけか」

というように自分の中で発展させながら
考えていくとおひとりさま時間もだんだんと
楽しくなってくるのではないだろうか。

「一人でご飯食べてる寂しいわたし」
で終わらせるなんて非常にもったいない。


色香

藤原竜也主演の映画「22年目の告白~私が殺人犯です~」を観てきた小話。



どうも、おねえさんです。

今話題の藤原竜也主演の映画
「22年目の告白~私が殺人犯です~」

をなんと公開初日に観に行ってきました。

初日に観に行くのって初めてだったんですが
さすが期待されていた作品だけあって
客席はほぼ満員に近い様子でしたよ!

前の方まで、端の方まで埋まってる様子に
大ヒットを予感し藤原竜也好きなわたしとしては
その時点で「どや!」みたいな・・・

別に自分の親族とかでもないのに
ひとり勝手に誇らしげな顔をしつつ鑑賞。


以下あらすじ。

1995年、5つの残虐な殺人事件が起きたが
殺人犯を捕らえることができないまま
事件は時効を迎えてしまった。

しかし、そんなある日、
その事件の犯人と名乗る男・曾根崎雅人が
事件の真相を記した本を出版し、会見が行われた。

その会見を皮切りに遺族たちの心はざわつき、
事件は再び取り沙汰されることとなる。

時効を迎え、捕まえることのできない犯人。
曾根崎はなぜ今になって現われたのか?

その真意とは・・・。


という感じ。

予告動画だけでも痺れるので
まだ観てない人はぜひ観て欲しい!




わたしはけっこう映画好きなので
週末は4本くらいは映画を観て過ごすし
映画感へもちょくちょく行くんですが
今回は本当に事件のカラクリに
驚きを隠せませんでした。

ドンデン返しが好きな人にとっては
とくにたまらん映画でしょうな。

藤原竜也はクズ役で知られていますが
今回はいわゆる今までのクズとは違って
彼のさらなる可能性を感じさせる作品。

宣伝するのが難しい映画って言われてますが、
実際に観てみると「ああ、ほんとだ」ってw



そして、主題歌である「疑問疑答」は
感覚ピエロっていうバンドの曲なんですが
これがまた勢いがあってかっこいい!!

「最近のヒトの音楽は好かんな~」

と普段思ってるクチなんですが
この曲は素直にかっこいいし
この映画にもマッチしていて最高です。



まあ、ちょっと最後の歌詞はダサいかな・・・
って思うんですけどとりあえずこちらの方も
ぜひ一度ご視聴くださいまし。


これはいろんな賞が取れる映画なんじゃないかと
わたしはとても期待している作品なんですが
いかんせん開演30分後から尿意に襲われ
後半は大量の脂汗をかきながら白目をむいて
登場人物の行く末を見守っていたので
理性的に判断できてきたかは微妙ですw

ちゃんと開演5分前にトイレに行ったのにな・・・
映画感の前に利尿作用のあるお茶なんぞは
間違っても飲んではいけないと学びました。

久々に死ぬかと思いました。

そんなわけでそれ以来、藤原竜也主演の
映画ばっかり観てるおねえさん。

「サンブンノイチ」「カメレオン」「藁の楯」
「デスノート」「バトルロワイヤル」「ST捜査ファイル」

話題作から比較的そうでもないものまで多様ですが
「22年目の告白~私が殺人犯です~」を観ると
制覇したくなってしまうことうけあい。

一度は観ておいて損はない映画。

プロフィール

色香おねえさん

Author:色香おねえさん
自由と怠惰を愛する、どうしようもない系アラサー。いつまで「おねえさん」で通せるか危惧している。

独身で恋活・婚活していたが最近ようやく、まともすぎる彼氏ができた。もともとヤリマンビッチだったが、この彼氏ができたことで真面目に。

20代前半の頃から「セクシー」「エロい」「色っぽい」と突然評価され始めたことを機に、自身の性的魅力に気づかされ、以来、周囲から性に関する悩み相談を受けること多数。

そんな経験を活かし(そして自分のことを時折棚に上げ)独特の切り口で恋愛や男女関係について自論(持論)を辛口展開。

デート・セックス・過去の放蕩記録に加え、おすすめのグルメ・本・音楽や何気ない日々の出来事も書いたりと自由なエッセイ・コラム。

だいたい2日に1回、0時に1記事を更新。「お前は暇なのか」と訊かれるが、ブログを書くので忙しい。

「新たな発想を与える」が信条です。よろしくどうぞ。怖い人じゃありません。お色気だけが取り柄のただの社会不適合なダメ人間です。

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エッセー・詩
8位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム