佐々木希がやっぱり可愛い♡映画「天使の恋」が懐かしい

どうも~性に関するお悩み相談受付中の
色香おねえさんのエッセイブログです。

恋愛・セックス・男女関係についてなど
ブログ下部のメールフォームもしくは
ツイッターのDMからお気軽にどうぞ。

ブログ上でお答えしちゃいます♡
twitter⇒irokaoneesan




さて、今回はおすすめの映画でも。

かつて「世界で最も美しい顔100人」にも
選ばれたことのある佐々木希。

美人で可愛い女性は
誰にとっても憧れの存在。

そんな彼女が主演を務める映画
「天使の恋」を久しぶりに観た。

原作はケータイ小説サイトの
「おりおん☆」で公開されて、
アクセス数は1300万PVだという。

そして2009年に映画化された。




見る人を惹きつけてやまない美貌と
独特のカリスマ性を持つ女子高生の
小澤理央。

彼女は過去の出来事がきっかけで
人を心から信用することができず、
他人を利用しながら生きてきた。

そんな理央だったが、
あるとき35歳の冴えない大学講師
小澤光輝と出会って恋に落ちる。

初めて人を本気で愛したことにより、
今までの自分とは変化していくが
光輝には理央を受け入れられない
ある事情があって・・・。

以上、あらすじ。




内容的には「ケータイ小説あるある」
な感じに終始する設定・展開なのだが
やっぱり佐々木希が可愛いので
なんかほっこりしながら観てしまう。

好きな人のために頑張る
女の子って純粋に可愛いし、
そこにプライドの問題とかが
ないのも素敵。

どんな事情があっても
ただただその人のことが好きで、
何があってもそばにいてあげたい。

理央はまだ子供な高校生だけど、
女っていうのは生まれたときから
すでに女なんですよね。

だから彼女も例に漏れず母性がある。

それは誰かを受け入れるちから。
誰かを温める能力。

プライドとか意地にこだわるように
なってしまった大人の女性だからこそ
あえてもう一度観たい映画なのでは
ないだろうか。

映画として、作品として、
ありがちでド定番なのは確かだが
この純粋さは忘れた頃にでも
やはり思い出さなくてはいけない
ものなんじゃないだろうか。

不覚にも泣いたアラサーでした。
涙腺が弱いのは加齢のせいではない。

と信じたい・・・。


色香

twitter⇒irokaoneesan

スポンサーサイト

大人の女性におすすめのファンタジーラブコメ映画が泣ける。

どうも~性に関するお悩み相談受付中の
色香おねえさんのエッセイブログです。

恋愛・セックス・男女関係についてなど
ブログ下部のメールフォームもしくは
ツイッターのDMからお気軽にどうぞ。

ブログ上でお答えしちゃいます♡
twitter⇒irokaoneesan




さて、今回は大人の女性に
おすすめの映画でも。

見た後に元気をくれるのが
海外ラブコメのいいところでもある。

女性であれば誰でも時に彼氏のことや
片思いの相手のことについて悩んでしまう
時があるのではないだろうか。

なんとなく自分の恋愛に
自信をなくした時ひとりで観たいのが
「13 LOVE 30」(サーティンラブサーティ)

全米でヒットしたファンタジーラブコメだが
日本での劇場公開はなかったそうだ。

どおりで今まで見逃してきたはずである。

51F4WS0SueL.jpg


主人公のジェナは
大人の女性に憧れる13歳の少女。

あることがきっかけで
「早く大人になりたい」と願ったことから
目が覚めると30歳の自分になってしまう。

中身は少女であるジェナは困り果て
幼なじみの男の子・マットに接触を図るが
大の仲良しだったはずの彼はジェナに対し、
何故かよそよそしい態度。

30歳の自分に変身した日以降の
少女時代の記憶がないジェナは
そのことに違和感を覚えながらも
日々を過ごしていくのだが・・・?

以上、あらすじ。


a2daf280027566d027b76f35a12c87e3.jpg

人間はないものねだりで
本当に価値のあるものは見過ごしてしまう
ものなんだなと実感させられた本作品。

普通に面白い映画はよくあるが、
この映画は女性たちに是非観てほしい!

本当にいい作品だった。

基本的に流れは王道なので
先が見えてしまう感じは否めないが
意外性のある展開も含まれているので
最後まで楽しめるのではないだろうか。

とくにアラサー世代以降は
すでに取り戻せない失敗した過去の
数々を持っていると思うので・・・笑

そういう意味でも泣ける映画。

恋愛で迷いが生じたときなどに
観るのもおすすめである。


色香

twitter⇒irokaoneesan

水商売に向いてないかも?夜の仕事をするか迷ったら

どうも~性に関するお悩み相談受付中の
色香おねえさんのエッセイブログです。

恋愛・セックス・男女関係についてなど
ブログ下部のメールフォームもしくは
ツイッターのDMからお気軽にどうぞ。

ブログ上でお答えしちゃいます♡
twitter⇒irokaoneesan




さて、今回は夜の仕事をするか迷った時や
続けるかどうか悩んでいる人に向けた記事でも。

夜の仕事というと稼げるイメージは強い。

「本業だけでは生活費が足りない」
「奨学金の返済があってお金がかかる」
「好きな物を買ったり遊ぶお金が欲しい」
「将来のために貯金したい」

といったさまざまな事情で
水商売の業界に足を踏み入れる
女性はとても多いのではないだろうか。

かくいうおねえさん自身も
以前は芸能活動と並行して
ガールズバーで働いてみたり、
本業が軌道に乗るまでの生活費として
会員制ラウンジなどで働いたりもした。

その体験をもとに書いていこう。

◆夜の仕事は本当に稼げるのか?

実際、水商売は稼げるのかというと
おねえさんは「稼げる」と思う。

わたしが在籍していたお店は
週の出勤日数によって時給が
変わる仕組みになっていたんだけど
それでも最低時給が2300円だったかな?

とくにバーラウンジとか会員制ラウンジは
貸衣装のない私服勤務OKが基本だと思う。

なので引かれるお金が税金10%だけ。

その点、キャバクラだと時給が良くても
そのかわり衣装代やヘアメイク代が引かれ
ノルマや罰金があるので手取りはラウンジと
変わらないなんて話は実際よく聞く話だ。

私服勤務のややゆるい雰囲気の店で
給料がそこそこ一般的なバイトよりは高く、
ドリンクバックや指名料が充実している
という店が水商売の中では稼げるだろう。


◆しかし続けられるかは疑問

そんな、一般的な普通のバイトよりも
稼げる職種として認識されている水商売。

しかし、短期でのお仕事ならまだしも
長期的に続けることはおすすめしない。

というか、長く続けられる人は
それなりに限られてくると思うのだ。

おねえさんは最初のガールズバーを
2年か3年くらいやっていたが、
対人関係のストレスなどもありやめた。

その数年後に経済的な事情から
会員制ラウンジやバーラウンジで働くも、
半年ほどでやめてしまった。

これもまた人間関係のトラブルからくる
ストレスが大きな理由である。

人と人がお金を払い払われ
酒に酔った状態で会話をする・・・

そんな場所でトラブルが
起きないわけないのである。

「お酒強いし大好き!」
「人と話すの楽しいじゃん!」

そんな人で尚且つ気が利いて
広い心を持ち合わせている
鈍感でしたたかな女性であれば
天職かもしれない。

バイタリティがある人なら
努力次第で楽しみながら
続けていくことも可能だろう。


◆夜の仕事に向いてないかも?

この記事を読んでいるあなたは

「夜の仕事に興味があるけど
自分にできるのかわからない」

と不安を抱えているか

「水商売を始めてみたものの
もう辞めたくなってきてしまった・・・」

と悩んでいるかのどちらかかと思う。

その理由はもしかすると
「向いてないから気がする」
ではないだろうか?

かく言うおねえさんは向いてなかった。

人の話を聞くのは好きな方だったし
最初はもしかしたら向いてるかもしれない
と考えていたのだが・・・。

話を聞いてほしいという人も中にはいて
そういう人はわたしのことを気に入るが
「騒ぎたい」目的で来たお客さんに対し
対応する有効な手立てをわたしは知らない。

ノリでしか会話できない
(というかもはや会話ではない・・・)
お客さんにつくと何を言っていいのか
まったくわからなくてどうにもならんし
下手すれば「ノリ悪い」という評価に。

揚げ足取りばかりする人につけば
心底面倒くさくなってしまい

「この人は何がしたいんだろう・・・」

と明後日の方向を見る始末。

向いていないのだ。


◆「向いてない」にも色々ある

その他にも水商売に向いてないなと
感じる要素はいろいろあるはずである。

例えばそもそもお酒が苦手とか。
わたしの場合も体質的にお酒に弱い。

でもラウンジでは強制はなかったものの
やっぱりお客さんがシャンパンを入れたら
飲まないわけにいかないわけで。

地元密着のガールズバーとかで
お客さんの質がよかったりとか
素人感が売りのお店は別として
飲まざるを得ないシチュエーションは
実際ある。

おねえさん本来は全然飲まないけど
「とりあえずテキーラで乾杯!」っていう
お客さんの席に当たっちゃったときは
ショット一気飲みを立て続けに2杯とか。

すぐに大量の水を飲んで
なんとか後々に備えてたけれど
お酒とストレスのせいか辞めた直後
胃が痛くて死にそうな日が続いたので
胃潰瘍の薬とか飲んで治療した。

こんな調子でお酒に弱かったり
もともと接客業や人と接することに
自信がないと難しい夜のお仕事。

他にも記憶力が悪くてどうしても
お客さんの顔や名前をはじめとした
情報が覚えられないことだったり。

セクハラは目をつぶるしかないが
男性から触られたりするのが嫌いで
下ネタも気持ち悪くて対応できない
という人もいることだろう。

キスされることだってあるが
訴えることもできない。

はたまた体力がないために
副業として夜の仕事を始めてから
本業が疎かになってしまったり。

水商売って本当にごく一部の
適性ある女性にしか向いてないのが
普通だってことを認識しておこう。

別にへこむ必要はない。
向いていないのが普通なのだ。


◆夜の仕事ってやっぱり危険?

そして、夜の仕事は危ないと言うが
実際、わたしは酔っ払ったお客さんから
怪我させられたことがある。

しかもそれが誰でも知ってる有名人で

「お店的には通ってもらえるのが
ステータスだから問題にできない」

と。

結局、治療費は自腹だったし
そもそもお金がなくて働いてたから
継続的に治療することもできず
そのまま今も治ってない状態である。

多分もう一生治らなそうだし
酔っ払ってる客を相手にする仕事は
やっぱりそれなりにリスクがあって
しかもそれが一般客ならまだしも
著名人だとお店側が女の子の味方を
してくれないことも十分にあり得る。

人間的にどうなんだとか
法律的にどうなんだとか
そういうのが関係ない無法地帯。

それが夜の世界なのである。


◆では結局どうすればいいのか?

たしかに水商売は時給がいい仕事だ。

時給が高いからこそ短時間でも稼げるし
それで家計が助かるのはメリットである。

しかし、やはり高い給料の代償として
多大なストレスを被ることは間違いないし
さまざまなリスクが出てくる。

そこで夜の仕事をする代わりに
おすすめなのがチャットレディである↓



ビーボではスマホチャットレディを
募集していて時給も5000円と高給。

自宅で簡単にスマホで始められるので
「PCのことはよくわからないから」なんて
女性でも気軽に始めることができる。

熟女・人妻ライブチャットも
30代・40代の大人の女性に
おすすめの副業アルバイトだ↓



在宅でできる仕事なので
主婦でも隙間時間に働きやすいし
家から出なくていいバイトとなれば
体力を使わないで済む。

「病気がちで短時間しか働けない」
「他にもやりたいことがたくさんある」

そんな女性でもチャットレディの
在宅ワークであれば気軽に始められる上
長期的に続けることができそうである。

大変そうな仕事を一旦始めると
なんとなく辞めづらくなってしまって
結局ストレスや体調不良の限度を
超えてから仕方なく辞めることになりがち。

その点、最初から「長く続けられそう」と
思える仕事であれば心配も少ない。

チャットレディの仕事は
いつでも簡単に辞められるので
そういう意味でもストレスの少ない仕事だ。

夜の仕事をしようか悩んでいる人や
水商売を辞めるかどうか迷っている人は
体力も気力も削られないチャットレディの
在宅ワークを始めてみてはどうだろう?

家にいながらできる仕事の中でも
安定的に高収入を得られるバイトである。


色香

twitter⇒irokaoneesan

プロフィール

色香おねえさん

Author:色香おねえさん
自由と怠惰を愛する、どうしようもない系アラサー。いつまで「おねえさん」で通せるか危惧している。

独身で恋活・婚活していたが最近ようやく、まともすぎる彼氏ができた。もともとヤリマンビッチだったが、この彼氏ができたことで真面目に。

20代前半の頃から「セクシー」「エロい」「色っぽい」と突然評価され始めたことを機に、自身の性的魅力に気づかされ、以来、周囲から性に関する悩み相談を受けること多数。

そんな経験を活かし(そして自分のことを時折棚に上げ)独特の切り口で恋愛や男女関係について自論(持論)を辛口展開。

デート・セックス・過去の放蕩記録に加え、おすすめのグルメ・本・音楽や何気ない日々の出来事も書いたりと自由なエッセイ・コラム。

だいたい2日に1回、0時に1記事を更新。「お前は暇なのか」と訊かれるが、ブログを書くので忙しい。

「新たな発想を与える」が信条です。よろしくどうぞ。怖い人じゃありません。お色気だけが取り柄のただの社会不適合なダメ人間です。

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エッセー・詩
9位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム