FC2ブログ

どうも~性に関するお悩み相談受付中の
色香おねえさんのエッセイブログです。

恋愛・セックス・男女関係についてなど
ブログ下部のメールフォームもしくは
ツイッターのDMからお気軽にどうぞ。

ブログ上でお答えしちゃいます♡
twitter⇒irokaoneesan




さて、今回は結婚願望についてでも。

アラサー女性ともなると年頃ゆえに
「そろそろ結婚しないとな・・・」と
漠然とした焦りを感じることが増える。

まあたしかに身の回りで
結婚ラッシュがつづいた場合は
「では自分の結婚はいつなのか」
といったことが気になるものだ。

昔の女性からすればアラサーなんて
完全に行き遅れの女に違いない。

それでも20代後半~30代前半なら
まだしも美しさは十分に残されている。

現代ではそのくらいのアラサーの
年代で結婚するのが適齢期だが
30代後半以降ともなると結婚が
難しくなってしまう現実がある。

若い女性に比べれば
たしかにシミシワや白髪が増えるし
子供を産めるかも不明になってくる。

昔は行き遅れアラサーでも
なんとかなったのだろうが、
現代は適齢期が引き上げられた分
行き遅れると「行きそびれる」のだ。

これが怖い。

別に結婚の時期が遅れる分には
いつか機会が巡ってきさえすればいいが
最終列車が出発した後の小暗い夜の駅で、
くるかもわからぬ始発列車を待つのは
なんと孤独なことだろう、と想像してしまう。

「みんなももう結婚してるし・・・」

という理由とも呼べない理由も定番だが

「まだ結婚できないんじゃなくて
もう結婚できない、のでは・・・」

という考えがよぎる時アラサー女性は
不安に駆られるものであろう。

たしかに周りが幸せそうにしてたら
自分も同じような笑顔で誰かに
微笑みかけてみたいと思うだろう。

幸せそうに見えるのだから
きっと幸せなのだろう、と推測する。

それはきっと半分は正解で
半分は間違いなのかもしれないが。

クラスのみんなが持ってるゲームを
自分も欲しいと思うことは自然である。

そのゲームを面白いと思えるかは
結局人それぞれなのだが。


ところで、あなたは結婚をしたところで
いったい何をしたいのだろうか。

アラサーって仕事、趣味、
遊び、はたまた家族関係・・・と、
面白いこともあればしがらみも多い。

自由であって不自由である。

わたしの場合は実家住まいで
DVが理由で離婚した姉とその息子、
つまり甥も一緒に生活している。

子育ての大変さは
傍から見ているだけで凄まじい。

もともと教育機関の仕事を
かじったこともあったせいで

「自分には子育ては無理」
「子供を持つと自由がなくなる」
「子供は甥だけで十分」

と早々に子供を持つことは
自分の人生の選択肢から外した。

子供は欲しくない、となれば
結婚の時期など実際いつでもいい。

妊娠と出産のタイムリミットを
考えなくて済むことはありがたい。

それと同時に子供を持つことを
希望する男性とは縁を持てない、
というデメリットもあるが仕方ない。

わたしはただただ自分を守ってくれる
共同生活者となり得るパートナーが
いればいいという意味合いで、
いつかは結婚したいと思っている。

まあ、できなかったらできなかったで
金銭的にもどうにかなりそうなので
いいかもしれないという気もするが
できれば誰か他人の男と曲りなりにも
家庭を築く方がいいだろうと思う。

それはただ単に実家を出て
戸籍上、縁を切ることで得られる
唯一の自立でもある。

わたしの中ではね。




しかし、世の中には子供が欲しくなく
いつまでも恋人として過ごしたい、
という女性も少なからず存在する。

その同じ「子なし派」でも
これはずいぶん違ったものだ。

結婚しないということであれば
事実婚のような関係をつづけても

「だったら結婚すれば?

どっちかがICU入っても
事実婚だと面会できないで」

と言いたくなるので、であれば
色々な相手をとっかえひっかえ
するのが望ましいライフスタイル。

おねえさん的にもそれは
正直そんなに悪い日々ではないが
今までそのようにして男と男の間を
渡り歩いてきた感があるので

「まるで給水所のない駅伝だな・・・」

なんて思ってしまう。

それなりに色々な男の間に
思い出ができることが言うまでもないが
落ち着いて留まる場所がないということは
一時は癒されても長く続けることは難しい。

若かったからできたこと。
若かったから楽しめたことである。

刹那的な性愛に後悔はないが
それをババアになってからも
続けていく元気などないだろう。

若くて高く売れるうちに
良さげな男と結婚することの方が
たしかに女性にとってはいいという
気がする。

それでも外で恋愛したいなら
それは各々勝手にすればいい。

結婚したくない女性というのは
家庭は自分を縛るものであり、
負担であり、重荷であり、苦痛だ、
何のメリットもない、と考えている。

で、わたしみたいな半端モンが
「まあ一度くらい結婚でもしとくか・・・」
と遠い目をするのである。


では結婚したい女性はどうだろう。

結婚願望のある女性は
なぜ結婚がしたいのだろうか。

子供が欲しいという理由だろうか。

妊娠して出産して子育てをし、
自分と愛する男性との遺伝子を
宿した可愛い子供を育みたい、
ということだろうか。

それとも子供はいてもいなくても
本当はどっちでもいいと考えているが
両親がうるさいからという理由だろうか。

専業主婦になって会社を辞め
夫のサポートをするのが性に合う、
と思っているからだろうか。

仕事は辞めず共働きで
世帯収入を上げて贅沢な暮らしを
実現させたいということだろうか。

そろそろ独りぼっちは寂しいから
人生を共に歩む相手が欲しい、
ということだろうか。

こう考えてみると結婚と一口に言っても
その様相は実にさまざまである。

まさかアラサーにもなって
ウェディングドレスが着たいだの
結婚式や披露宴のイメージに
囚われているわけではあるまい。


「いいな~わたしも結婚したい」

と、これといって理由もわからぬまま
結婚を渇望する女性も多い印象である。

周りがそう言っているから
自分もなんとなくそうかもしれない、
と流されているような気もする。

もちろん、結婚することは素敵なことだ。

しかし、長い生活を共にしていく上で
「なぜ自分は結婚したいのか」というのが
明確でないと、相手選びの基準にも困るし
付き合うことになった後も

「えーと、何がしたかったんだっけ・・・」

と答えに窮してしまうから
アラサー女性たちは自分が本当に
望んでいるものがいったい何なのか
じっくり考えて

「これかな?」
「うん、これだな」

と納得いく結論を導き出してほしい。

わたしなら静かな暮らしをしながら
ささやかな遊びを二人で楽しんだり
自分がやりたいことを頑張れるような
環境を作れる相手と結婚したい。

家に帰れば自分の考えていることや
悩んでいることを素直に打ち明けられる
相手がいる、という安心感。

それは自分も欲しいし、
相手に与えたいものでもある。

そんな子なし夫婦のまったり生活も
なかなか悪くないと思うのだ。


色香

twitter⇒irokaoneesan


関連記事
スポンサーサイト
色香おねえさん
Posted by色香おねえさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。