FC2ブログ

どうも~性に関するお悩み相談受付中の
色香おねえさんのエッセイブログです。

恋愛・セックス・男女関係についてなど
ブログ下部のメールフォームもしくは
ツイッターのDMからお気軽にどうぞ。

ブログ上でお答えしちゃいます♡
twitter⇒irokaoneesan



さて、今回は婚約指輪の現実的な
価格相場についてでも書いていこう。

昨今の晩婚化社会において
男性たちは愛する女性に対し
いったいいくらくらいの婚約指輪を
贈っているのだろうか。

一般的に昔から言われているのが
給料三ヶ月分の値段、である。

うーむ、現在の20代~30代男性の
給与が月給20万~30万とすると
60万~90万という数字が導き出される。

が・・・調べてみたところ
そのような高額な婚約指輪を贈っている
男性は現代ではやはり少数派のようだ。

パーセンテージ的には10万~40万
くらいのお値段が相場ということらしい。

女性としては誠に勝手ながら
なんとも萎えてしまう数字が出てきたな。

いや、たしかに自分が男性だったら
そのくらいで手を打つのだろうけど。


そもそも婚約指輪が高価で
結婚指輪のようにシンプルではなく
大粒のダイヤをあしらっているのは
貴金属として価値があるからだと
わたしは考える。

(実際、ダイヤは大粒でないと
全然高値で売れないものだ)

というのも、以前、
なぜ婚約指輪が給料三ヶ月分なのか、
といった疑問に対してこうした回答を
小耳に挟んだのだ。

「昔は女性は家庭に入っていたので
万が一、旦那(夫)の身に何かあっても
すぐに生活に困らないようにするため」

つまり、病気や事故で夫が死亡した際
妻や子供たちが食うのに困らないよう
売れるだけの価値ある指輪(貴金属)を
贈りましょう、ということ。

つまり、それが嫁を迎え入れるための
男としての覚悟と責任感だったわけだ。

そう聞くと

「指輪なんて安くてもいい」
「アクセサリーなんてただの自慢」

といったふうに考えるのは浅はかである。




実際にそこそこ高価なハイブランドの
指輪でも売るとなるとそう高くはない。

買うときは高くても
それはただブランドの値段なのであり
ダイヤや貴金属としての値段ではない。

後で自分が売るときに
高値で取引できる指輪こそが
もっとも価値があるもののはずである。

ヤフオクとかで素人同士のやり取りなら
知識がない分高く売れるのかもしれないが
貴金属買取など査定が入ったら驚くほど
安くなってしまうに違いない。


おねえさんの周りでは

結婚=結婚式&ウェディングドレス

というような図式が出来上がっているが
わたしはドレスにはあまり物質的な
価値を見いだせないので理解できない。

フォトウェディングくらいはしたいけど。

そこにお金をかけるよりも
貴金属としていつの時代も変わらぬ価値を
有する婚約指輪の方が大切だと思うのだが
今のところこの感覚に賛同してくれた女性は
身の回りにあまりいないw

ちなみに周りの結婚した女友達に
婚約指輪の値段を参考までにと
教えてもらったことがあるのだが
その子は40万くらいと言っていた。

現代のエンゲージリングの価格相場が
39万ほどだそうなので、ちょうどいい。

個人的にはもっと高額で
大粒のダイヤモンドがいいな・・・
とか思ってしまうのだが、
結婚後の生活の方が大切と考えれば
40万円でも十分高いような気もする。

結婚指輪も買わなければいけないし
両親の願いによっては挙式と披露宴も
開かなくてはならないかもしれないし
結婚は何かとお金がかかるな、と
今更ながら思う。

わりと人ごとだけどw

まあ結局は自分らの身の丈に合った
分相応の値段の指輪をお財布と相談し
無理のない範囲で購入するのが一番だ。


色香

twitter⇒irokaoneesan

関連記事
スポンサーサイト
色香おねえさん
Posted by色香おねえさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。