FC2ブログ

どうも~性に関するお悩み相談受付中の
色香おねえさんのエッセイブログです。

恋愛・セックス・男女関係についてなど
ブログ下部のメールフォームもしくは
ツイッターのDMからお気軽にどうぞ。

ブログ上でお答えしちゃいます♡
twitter⇒irokaoneesan




さて、今回は久しぶりにお色気ネタ。

あなたの周りにも一人や二人は
色気のある女性というのが
存在するのではないだろうか。

「あの人すごい色気あるけど
なんでなんだろう・・・」

「色っぽさってそもそも
どうやって醸すものなの?」

そんな疑問が出てくることもしばしば。

今回はかつて人々から開口一番

「な~んか色気あるよね?」

と言われ続けてきた
色香おねえさんことこのわたしが
女性の色気についてでも解説しよう。

色気の正体が気になる人も
色っぽい女性になりたい人も
ぜひ呼んでみてほしい。


◆色気のある人は男とエロが好き

色気のある人は基本的に男性が好き。

おねえさん自身は好きだけど嫌い、
でも嫌いだけどやっぱり好き・・・
みたいな感じだった。

それからエロ自体も好きで
官能的な大人の恋愛小説や
性的描写の多い少女漫画や
花魁ものの映画も観る。

まずはエロを愛することこそが
色っぽい女性になるために
必須かと思う。


◆雰囲気がある人は色っぽ率高め

雰囲気があるタイプの女性は
色っぽさも備えていることが多い。

そして雰囲気がある女性の特徴は
なんでもかんでもペラペラ喋るような
女性ではないということ。

「今、何考えてるのかな?」

って相手に想像させるような女性に
どちらかというと色気があるものだ。

まあ何考えてるのかわからなすぎても
相手をイライラさせてしまうだけなので
基本的に主張することは必要だが。


◆ヤリマンが結局色っぽい

前述の2つは色っぽい女性になるために
身につけておきたいポイントではあるが
結局一番、色気が身につく方法とは
いろいろな男と寝ることである。

真のセクシーさというのは
泣いたり喚いたりという数々の
男女関係を経て手に入るもの。

いろんな男とセックスをしていると
泣いたり喚いたりしない相手と
体を重ねるケースも出てくる。

セックスした相手でも
どうでもいい男には執着しなかったり
かと思えばキスもしていない相手に
夢中になってみたり。

男と女のいろいろな関係を
自分の体験を通して知ることで
自然と身につくのが色気なのだ。

◆男遊びしてみるのもおすすめ

色気のある女性になりたいのであれば
男遊びをするのは絶対に欠かせない。

おねえさんも20代前半の頃は
身近な男の子を自ら誘い出して
セックスしたりしたものだ。

今はもうしないけど(多分)
あの頃は浮気もじゃんじゃんしてた。

学校やバイト先、職場などで
変な噂が立つと嫌だという人は
ネットの出会いを利用してみよう。

おねえさんもセフレ作りで
お世話になったのが以下のサイト。

ミントC!Jメール


PCMAX


とくにPCMAXではセフレだけでなく
彼氏(現在同棲中)もできたので
けっこう幅広いタイプの人がいて
おすすめである。

手軽にセックス経験を積めるので
練習も兼ねてデートしてみるといい。


◆女性としての魅力に自信がないなら

女性としての自分に自信がないなら
フェロモン香水などを愛用しながら
自分の性的魅力と向き合ってみる
という方法もおすすめである。

おねえさんも愛用中の香水
LCラブコスメ「リビドーロゼ」↓


こういった自分の気持ちを高める
香水などのアイテムを使用することで
セクシーな自分をイメージできるように。

ラブコスメで購入したことが
バレないように記載も工夫してくれる
女性にとって嬉しい配慮が万全!

実家暮らしの女性でも安心だ。


◆セクシーは必然のもとに生まれる

今回は女性の色気について書いてきたが
色っぽさやセクシーさを醸し出すためには
やはりそれ相応の努力だったり探究心、
そして経験の積み重ねが必要である。

おねえさんも初めて彼氏以外の男の子と
ホテルに行ったときは緊張したな~・・・

理性を飛ばすために昼間から
飲めないお酒をガバガバ飲んで
ラブホに担ぎ込んでもらったっていうw

まあ別にセクシーになりたいがために
そういうことをしていたわけじゃないけど。

初めからなんの抵抗もなく
そういうことができる人もいるかもしれない。

だけど、多くの場合はやっぱり勇気と
思い切りの良さが必要なんだと思う。

もしあなたが色気のある
いい女になりたいと本気で思うなら
やはり自分から変わっていかなくては
いけないのではないだろうか。

何かを失うリスクはあるが、
色気のあるいい女になる楽しみは
きっと、そうなった女にしかわからない。

そうなったときそれは自分にとって
強みにもなり弱みにもなる。

だけどきっと今よりも
自分のことをひとりの女性として
好きになれるはずである。


色香

twitter⇒irokaoneesan

関連記事
スポンサーサイト
色香おねえさん
Posted by色香おねえさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。