FC2ブログ

どうも~性に関するお悩み相談受付中の
色香おねえさんのエッセイブログです。

恋愛・セックス・男女関係についてなど
ブログ下部のメールフォームもしくは
ツイッターのDMからお気軽にどうぞ。

ブログ上でお答えしちゃいます♡
twitter⇒irokaoneesan




さて、今回は綺麗になりたい女性について。

そして実際に美しい女性についての
ゆるっとエッセイでも。

女性であれば誰しも美しくありたいという
気持ちを持っているものだと思う。

「別に見た目に興味がない」

と言ってお洒落をしない人もいるが
そういう人は「美しい」「綺麗だ」と
言われることの悦びを知らない
のだとわたしは思う。

それは女性とって快感でもあるし
その快感を知っていたら外見を
磨いたり着飾ったりすることを
やめることは考えにくい。

もちろん仕事や育児が忙しくて
お洒落にベクトルが向かないことは
普通に起こり得ることだが。


わたしは自宅仕事なので
平日は化粧をしないし髪も巻かない。

服装も部屋着のままが基本だ。

もちろんそれによって
女としての覇気が失われる。

先日、彼氏と土日に外出したり
平日の夜に用事があったことで
身なりを整える機会が多かった。

普段ユニクロフリースなわたしが
久しぶりに女らしい服装をしたので
化粧やアクセサリーにも気合いが入る。




出かけた先にはたくさんの人がいて
久しぶりに会う人や初めて会う人への
挨拶もあった。

そして綺麗、可愛い、と評価される。
久しぶりのことであった。

そして人の集まるところへ出掛ければ
そこにはいくらでも美しい人たちがいる。

どんな服を着ているのか、
彼女らの何がいったいお洒落なのか。

その存在感やオーラは
どこからどう起因しているのか。

感じることはたくさんあって、
考えることもたくさんある。

そして、それは「見る」行為。

本当に綺麗な女性になりたいなら
「見る自分」を経て「見られる自分」
にならなくてはいけない。


人に見られる職業の人は
美しく若々しいとはよく聞く話だが
人から見られることで見た目に
気を遣うようになるのは事実だと思う。

そしてそれが
「自分は女である」という自覚につながり
「自分は美しい女である」という自信と
輝きに変わっていくのではないだろうか。

美人になりたいのであれば
自分よりも美しい人たちがいる場所へ
たくさん出掛けてみるのがおすすめだ。

そしてその上で「素敵だと言われたい」
と思えるような男性の多くいる場にも
顔を出すようにしてみよう。

素敵な女性を見ることと
素敵な男性に見られること。

より美しくなりたい女性に必要なことである。


色香

twitter⇒irokaoneesan

関連記事
スポンサーサイト
色香おねえさん
Posted by色香おねえさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。