FC2ブログ



さて、今回はセフレを作るなら年上と年下
いったいどっちの方がいいのか?
ということについてでも女性目線で書こう。

わたしは過去にさまざまな年代のセフレがいた。
その経験を通して役立つ知識を提供しようと思う。

セックスに関した記事は
まだまだ男性向けのものが多い傾向なので
少しでも女性たちの読み物として楽しんで
もらえたらいいなと。


◆年上男性セフレの特徴とメリット・デメリット

女性にとってやっぱり王道なのが
自分よりも年上のセフレですよね。

年上の場合は気兼ねなくホテル代・食事代を
出してもらえるというメリットがあると思う。

「自分より年上だし、まして男性だし」
ということで精神的にも非常に楽に
さまざまな恩恵にあずかることができる。

年上の見栄もあってかちょっといい感じの
お店に連れて行ってもらえることもあるので
女性にとってはセックス以外でも楽しめる
要素が豊富だったりもする。

わたしもちょっと高級感のある
焼き鳥のコースを予約してもらったり
インターホン押さないと開かないような
お洒落隠れ家ダイニングに連れてって
もらったこともあった。

あと車で送迎してもらったり。

そして、たいていの場合はぼちぼち上手かったり
「まあ悪くないかな」っていうレベルはあるので
それも年上ならではの魅力と言える。


逆にデメリットがあるとすれば
年上男性セフレの良さは最初がピーク。

はじめはあの手この手で喜ばせてくれるが
何度かセックスするうちに関係がダレてきて
最初ほどイイ店を提案しなくなってくる。

そもそもセフレは男性にとって無料風俗なので
タダでできるという有り難みが薄れ始めると
これらは防ぎようがなくなってしまう。

そしてそのクオリティの低下は戻ることがないw
なので

「イケメンで体の相性も良いし
ごはんも食べれるだけマシだからいい」

とさらに割り切ってセックスしつづけるのか

「あーなんかクオリティ下がったから
もっといい思いできる他を当たろう」

と見限るのかは女性の自由である。
個人的にそのどちらも間違いではない。

一番ダメなのは
「不満はあるけどやめられない・・・」
みたいな状況に陥ってしまうこと。

年上男性は年上ゆえに
年下の女のことは軽く見ているので

「もっとこういうお店いきたい」
「もっとこうしたい」

とわがまま言えるくらいじゃないと
絶対すぐつまらなくなると思う。




◆年下男子セフレのメリット・デメリットと特徴

年上の魅力もさることながら
捨てがたいのが年下男子の可愛さ。

年上男性に飽きた女性は年下の男を
可愛がる方面にシフトするのも悪くない。

こちらさえ威厳を保っていれば
年下男子は適度に甘えつつ言うことを聞き
セックス中も崩さない敬語が「何プレイだこれ」
とまるで漫画のようなシチュエーションに
萌えさせてもくれる。

「○○さんはずるいですよっ」
「○○さんの意地悪・・・」

などと言われたいSな一面を持つ女性には
とくにたまらないのが年下のセフレだ。

そして年下は必死に背伸びしてくれるので
案外奢ってくれる率も低くなかったりするし
その頑張ってる姿を見るのがこれまた
可愛かったりする。

食事→セックスの場合においても
無邪気に学校生活における暮らしぶりを
聞けたりするので非日常感が半端ない。

そしてセックスが多少下手だとしても
歳が離れていることによって許せる。

ちょっとした無礼も許せる。
まだ子供だから仕方ない、と大人になれる。


そんなメリットの多い年下だけれども
デメリットはどういったものかというと、
例えば調子に乗った際に年下だからこそ
ムカつくというのはあると思うw

たいていのことは許せるけれど
「ああん?」ってなると心底ムカつきます。

あと、やっぱり中にはお会計を持ってくれない
ヒモっぽい男の子もいるのは確か。

「男性はセックスをタダでするべきではない」

というのがわたしの持論でもあり
せめて食事代は奢るべきと考えているので
こういう男は例え年下でもダメだと思いますね。

ホテル代を男性が持つのは当然として
食事ワリカンに萎える女性は実際多い。

彼氏彼女ならまだしもタダマンで
その振る舞いはナイです。

タダでセックスできることに甘えた結果ですね。

そういう態度を見せ始めたら
フェードアウトするか無視するしかない。

「そんなんじゃ男としてダメよ」と
お説教してもいいけどなかなか面倒だ。


◆結局は好みと相手の成熟度に左右される

年上・年下のセフレとしてのメリットデメリット、
そして特徴などを書いてきましたが。

結局はやっぱり好みによって選ぶ相手は異なるし
相手の成熟度によって付き合いやすさも変わる。

そして何より、大切にしたいのが縁。

年上がいいと思いつつも
気がついたら年下男子に言い寄られて
なかなか相性がよかったりするかもしれない。

その時々のフィーリングも大切にしながら
よりよいセックスライフを送ろう。

どのみちセフレ関係というものは
なかなか長く継続できない性質なので
その一瞬一瞬を噛みしめるべきだ。


色香

関連記事
スポンサーサイト
色香おねえさん
Posted by色香おねえさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。