FC2ブログ

さて、今回は2017年に公開されて大絶賛だった
「ララランド」についてでも書こうかと。

感想は後に述べるとしてまずはあらすじなど。

◆あらすじ

夢を追いかける人々が集う街、
ロサンゼルスが舞台となったミュージカル。

数々のオーディションに落ちまくり、
現実に嫌気が差していた女優志望のミアは、
ジャズバーから流れてくるピアノの音色に惹かれ
そこで演奏していたセバスチャンと出会う。

しかし初対面にもかかわらず
セバスチャンは失礼な対応。

そして後日、あるきっかけで再会した2人は
お互いの持つ夢を応援し、励まし合うように。

しかし順調に見えた2人の関係性は
彼が生活のために加入したバンドが
売れ出したことをきっかけに
雲行きが怪しくなっていく。

夢、ポリシー、そして現実。

大人にとって共感できる要素が詰まった
ロマンチックながらもシビアな作品である。




◆おねえさんの感想

各賞を総ナメにするなど
映画界でもかなり注目されていただけに
わたしとしては期待していた作品だったが
映画館に観に行ってみると

「ん・・・?」

という感じだったのだ。

いや、別につまらんということもないが
これミュージカルでやる必要あったのか?
と思ってしまった。

それよりも普通の映画として
もっと描写や設定にこだわって
細部まで描いたほうがよかったのでは、
と中身のなさがやや気になってしまう。

わたしの周りの人が

「2回観に行ってしまった」
「泣きっぱなしだった」

などと素晴らしさをアピールしてきたために
ハードルが上がってしまった感も否めないが

「他にもっといい映画いっぱいあるぞ・・・」

と思わず小声で主張したくなってしまう。


しかし、それでもやはり主題歌の
ミュージカルソングはインパクトがあるし
ラストの演出は幻想的かつドラマチックで
観る人を切ない気持ちにさせるのだが。

あと色とりどりのワンカラーワンピを着た
女の人がいっぱい出てきて踊るので
見終わった後にファストファッションでいいから
ワンカラーワンピが欲しいなと思ってしまうw

多分同じ現象に悩まされる女性多数。

映画は評判のいい悪いにかかわらず
実際に自分の目で観てどう思うか?
何を感じるか?が大切だと思う。

なので、このレビュー(?)を観た人も
自分の感覚を信じて一度観てみて欲しい。

そこにはまた違った発見や
素晴らしさがあるかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト
色香おねえさん
Posted by色香おねえさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。