FC2ブログ



◆まともな男がいないという悩み

さて、今回は男と女における
「最低限」の違いについてでも書こう。

先日、可愛いのに一向に彼氏ができない
女友達と東京大神宮に行ってきた。

年始にも行ったのだが
その時は商売繁盛のお札しか買わず
女友達も一番効果があると言われる
すずらん守りを買っていないとのことで

「アンタは絶対買うべき!!」

と背中を押す意味も込めて
改めて参拝してきたのである。

そして、その後はカフェに行ったんですが
彼女は最近の恋活・婚活事情について
こう語っています。

「わたしはね!もうイケメンがいいとか
本当にそういうことまで望んでないの!

最近仲いい子グループとか
いろんな友達と会うけどみんな結婚してて。

そういう子の旦那さんってイケメンではないけど
安定感があるというか優しそうだねって感じで。

だからね、最低限でいいの。

最低限、髪をセットするとか
しわしわの服を着ないとか・・・!」

なのに、そういう最低限身だしなみを整えた
男が存在しないのだと彼女は主張する。


◆女にとっては「最低限」だが・・・?

たしかにそうですね、とわたしは思う。

今まで色々なパーティーに出席してきたが
女性の目から見てイイナと思えるのは
たいていそれなりに遊んでるっぽい男だ。

チャラ男とジミメンの二極化が激しい。

いや、地味なだけならいいんだけど
お洒落にもっぱら興味がなく、
顔面も人並み以下、髪型もヘンで
なぜかセンスのないネックレスは
着けているという謎のダサさ。

うん、なんかそういう感じ。

その子の元彼なんかハーフだったけど
奇抜な色のくまさん柄のズボンで
デートにくる始末だったという。

彼女的にはかなりの妥協。
恥ずかしいけれど我慢する日々。
言っても治らない壊滅的センス。


ところで、男と女のいう「最低限」は
根本的に大きく違いますよね。

だって考えてもみてくださいよ。

女性が外出するときの最低限は

「軽くでも化粧して髪をまとめ、
近所で誰かに会っても
恥ずかしくないような服装をすること」

その一方で男が外出する際の
最低限のラインというのは

「オチンチン隠れてればオッケー!」

別に目くそと鼻くそと鼻毛が
飛び出していようが彼らは意に介さない。

Tシャツから乳首が浮き出てても
そんなことはどうだっていいこと。

彼らにとってはそれらは
「出てなければよりいいんだけど」
程度の認識なんですよね。

だからそういう人種に対して
女性の最低限を押しつけると大変なことになる。

まあわたしも押しつけてしまうんですが。

というか現代社会の常識とかって
女性の感性にかなり近くできているので
男性が普通に暮らしたらかなり「ウワっ」
って感じなると思いますね。

部屋の汚れ方とか見ててもわかると思いますが。


◆それでも清潔感ないヤツは嫌い

で、わたしも身だしなみに
気を遣わない男は嫌いです。

今のまとも彼氏も条件とか
元の良さとか人柄で選んだのであって
身だしなみについては最近
追い打ちをかけているところです。

私「ねえ、おじさん」

彼氏「えっ俺っておじさんかな?」

私「あんまり身だしなみに気を配らないじゃない。
  もう少し整えたらお兄さんかな~とは思うけど。
  自分ではおじさんじゃないと思ってるの?」

彼氏「いや、あまり考えないようにしてる」

私「いやいや、だから、
  その考えないのがダメなんだってw」

人に写真見せると「けっこう年上?」って
言われるのがわたしだって嫌なんですよ。




◆では、どうすればいいのか?

で、話をもとに戻すけれど
男性にとって服にシワがあろうと
なんなら多少の穴が開いていようが
大して問題にならないわけだ。

さすがに両乳首部分に穴が開いていたら
逮捕されてしまうので自重するだろうが。

髪をセットしていないとしても
彼らにとっては「生えてるからいいや」
くらいにしか認識されていない。

なので女性が最低限を男性に求めるなら
それは「けっこうイイ感じの男」じゃないと

「うーん、これはさすがに無理」
となってしまう。

そして「さすがに無理」なやつしか
ほぼ存在しないということである。


取るべき方法はざっくりこんなところか↓


①オシャメン・イケメンと付き合う

もう家庭的な男、一途な男、というカテゴリを
潔く諦めてかっこいい男と付き合うのもひとつ。

ただ、そのかわり浮気・不倫はきっと避けられない。

苦労に耐えてまでそそられる男と付き合いたいか
自分の本音とよく向き合わなくてはならない。

②モサいが自分の言うことを聞く男を見つける

わたしの彼氏はこのタイプですね。
外出前はわたしがワックスで髪を整えます。
最近やっとヘアアイロンを使うようになったし。

「○○ちゃん!
ヘアワックスのお時間よ!」

と言わんばかりに招集をかけ勢いよく
白髪交じりの頭髪にワックスを揉み込む日々。

髪型と服装次第でどうにかなりそうば骨格や
顔立ちかをよくチェックすることも大切です。

③妥協してどうしようもないブサメンを選ぶ

人間は顔じゃないという
ある意味でむなしい説もあるので
自分を一途に愛してくれるダサい
ブサメンと付き合うのも妥協のひとつ。

ただ、生まれてくる子供に被害が及び、
セックスレスにあるであろうこと請け合い。

さらにそんな彼が浮気したら
この世のすべてに希望を失い
恐らく刑事事件に発展するかと思う。

④結婚を諦めてイケメンと遊ぶ

もう結婚をすっぱり諦めて
家庭に向かないイケメンをつまみ食いするのも
人生のひとつだとわたしは思いますね。

ただ、定期的に襲いかかってくる孤独感に
耐えうる精神力や自分の人生の柱となる
何かがあるのか?というと、実行できる人は
かなり限られてくるのではないかしら。

経済力のある美人でサイコパスとかなら
かなり有益な生き方になると思う。


◆実際、草食男子は狙い目

男に「最低限でいいんだけど」を求めると
いつまでもパートナーが決まらないという
事態に陥ることもある。

なので、早めにこの①~④の中で
該当する考えを定めておくのがおすすめ。

ちなみにわたしの

「元はぼちぼちいいのにお洒落に興味がなく
草食でぼーっとしてたら30過ぎてしまって
彼女の望みなら髪型も服装も変えるタイプ」

な今彼とは【PCMAX】で知り合いました。

老人並みにボケかたが酷いですが
彼氏・旦那としてはかなりイイ素質をお持ち。

ネットにはたまにこういう男性もいるので
ガツガツした出会いの場だけではなく

「怖くてパーティーに行けないよ・・・」

っていう草食アラサー男子をネットで
探してみるのも是非おすすめしたい。

草食系かつ顔が整った男であれば
後からいくらでも調整がきく。

ハゲても植毛すればよい。


色香

関連記事
スポンサーサイト
色香おねえさん
Posted by色香おねえさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。