FC2ブログ



どうも、おねえさんです。

女性にとって大きなウェイトを占めるのが
恋愛・結婚、つまり男性から愛されること。

愛することは尊い行為だけれど
それと同等あるいはそれ以上に
愛されるというのは大切なものです。

そんな男と女の関係を進めるなかで
女性がもっとも恐れなくてはならないのが
パートナーの自分に対する「軽視」。

今回はそんな女性にとって一番怖い
彼氏・夫など最愛の男性から「見くびられる」
ことをテーマに考察していこうと思う。


◆「見くびる」の定義とは

前提として、「見くびる」というのは
「軽視する」「相手を低く見て馬鹿にする」
平たく言えば「なめている」ことを意味する。

つまり彼氏・旦那から見くびられるというのは

「お前はどうせ外では大して稼げない」
「俺が浮気したところで離れられないはず」
「なんだかんだお前は俺が大好きだろ?」

などと思われている場合が良い例だ。

彼氏彼女として付き合っているだけなら
ここまで来てしまうと別れれば良い話で、
結婚後にこうなるのが一番きつい。




◆見くびられることで生まれる弊害

彼氏・夫に見くびられるというのは
女性にしてみれば百害あって一利なし。

例えばこういう状況が続くと
大抵は以下のようなことが起こりえる。

・平気で浮気&不倫三昧

彼女・妻を軽く扱う男は平気で浮気・不倫して
相手を裏切る行為に出る可能性が高い。

その癖「離婚はしたくない」とか
「離婚するなら慰謝料・養育費は払わない」
などと非人道的なことを言い出すことも。

・お金のかからない手抜きデートになる

男性が女性を軽視するとき、
まず如実に表れるのがお金だ。

価値を感じない相手に対して
男がお金を払うことはない。

おうちデートとは名ばかりの
単独行動(映画・ゲーム・漫画)などで
ほったらかしにされたらもうおしまい。

・何もしてくれないのに要求はされる

彼女・妻に対して何か喜ぶことをするとか
苦労を減らしてあげるといったことがないのに
ちゃっかりセックスだけは堪能したがる。

その癖、家事はやらせようとするなど
ただ働きの無償家政婦として扱われたら
これも潮時。

・自尊心が削られる

以上のような行動に加えて
「お前はラクでいいよな~」というような
発言が増えて自尊心が削られるのが
女性にとってもっとも耐えがたいこと。

大切にされていない現実はあまりにも残酷だ。

愛する男から軽く扱われることは
このように女にとっては死活問題なのである。



◆見くびられないためには?

彼氏・夫からなめられるのは自分の意見がなく、
かつそれを主張しないから、というのが大きい。

ときに相手に合わせる柔軟さも必要だが
自分はどうしたいと考えているのか、
それがなぜ自分にとって重要なのかを
具体的に語れなくてはならない。

そうでないと男性に押し切られることが増え
「こっちの思い通りにできる」となめられる。

理路整然と希望を語ることができれば
「従わない」という選択がより身近になり
自然と「彼女の意見を尊重しよう」
と思われるようになるはずである。

そのためにはまず

・嫌われたくない
・わがままと思われたくない
・今の関係が変わるのは怖い


という気持ちを手放す必要があり、
自分から惚れた相手と付き合う人ほど
これらが難しくなってくる。

「女は男に追われる方がよろしい」
と巷でよく噂されているのは、その方が
見くびられにくい関係を簡単に作れる
という理由からである。

そして、もし自分がそんな見くびられないはずの
振る舞いをしても良い結果に結びつかないなら
それは男そのものがダメなのであって、
決してあなたのせいではない。

その場合はダメ男の烙印を潔く捺し
どこか別の地にいるであろうまともで
聡明な男との出会いを探しにいこう。


色香

関連記事
スポンサーサイト
色香おねえさん
Posted by色香おねえさん

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。