FC2ブログ



どうも、おねえさんです。

先日、無事に両家顔合わせを終え
入籍、引越し、順序逆の結納・・・
とやること盛りだくさんなこの頃。

しかもずっとやりたくないと思ってきた結婚式を
義両親の意向で挙げなくてはならなくなり
支出の予定も変わって帳尻合わせが
すこぶる大変そう。

親族だけの極小規模なもので
手を打つつもりですけどね。

さて、結婚にはそういった価値観の違いなど
両家の煩瑣な出来事が多々あるわけですが
それと引き換えに適齢期の女性に向けられた
もはや呪いとも言えるプレッシャーからは
一瞬にして解放されるメリットがあります。

今回はそのへんのことについてでも。


◆たいていの女にかけられた呪い

結婚って必ずしもしなくてはならないことではないし
まして現代では多様な生き方が認められているけど
やっぱり結婚が当たり前の年代の人間からは
早めの結婚を望まれるのが女の常。

女性自身、これといって結婚したい理由がなくても
なんとなく「年齢的にそろそろ結婚すべき・・・?」
と焦りを感じてしまいがちである。

早く結婚しろと言われる
→したくてもなかなか縁談が進まない
→気持ちがささくれ立ってくる

という負のスパイラルに陥る人は少なくない。

さらにこうなると女性が自分に自信がなくなり
心の余裕もなくなるのでより魅力を発揮できなく
なるというデメリットも発生してくる。

そういう圧力は社会全体の風潮や家族、
果ては既婚の友人からかかってくることもあり
女性にとってすればそのプレッシャーは
「呪い」と言い換えてもいいくらい重い。


◆「結婚しないの?」という地雷

そして大きな疑問として残るのは人々が何故か
結婚に際してあまり主導権のない女性に対して

「なんで結婚しないの?」
「結婚すればいいじゃん」
「そろそろ結婚しなよ!」

と発言しがちなことである。

独身の女性同士ならまだいいとして
運良く適齢期に結婚できてしまった人から
そう言われても「あはは、そうね~」としか
言い様がない。

おねえさんも独身時代にたまに言われて
「なんでってプロポーズされないからじゃい!」
と無神経な発言に苛立つことは多々あった。

どうするかを自分では取捨選択しづらいことを
軽く言われるのって相当なストレスである。

それって会社勤めしてるひとに

「昼からゆったり出勤すればいいのに~」
「お給料もっともらいなよ!」

と発言するくらい無神経なことではないか。

いずれの発言も「そんなこと言ったって・・・」
という感想+うんざり感しか残らない。


◆結婚をせっつくなら男性側に

いくら男女逆のプロポーズが時代的に増えても
やはり女性から「結婚してください」は言いづらいし
積極的に求婚されるのを嫌がる男性も実際多い。

ゼクハラしたり「いつになったら結婚してくれるの?」
と詰め寄って煙たがられるのは巷でよく聞く話だ。

プロポーズハラスメントをするなら女性ではなく
主導権のある男性側にするのがまだしも
妥当だと思う。

もしくは女性にするとしても

「彼と付き合って結構長くなるけど
結婚の話とかって出てるの?」

とか

「今の彼とは将来的に結婚したいとか
そういう希望はあるの?」

とか、オブラートに包んだ質問で
まずは未婚女性が結婚について
どのような姿勢でいるかの確認から
入るようにしてみて欲しいものである。

そうすれば悩みを聞いてあげるとか
相談にのって打開策を提案したりなど
少なくとも有益な方向に話が進むはずだ。




◆結局、女性はプロポーズを待つしかないのか

なかなか結婚話を進めようとしない彼氏に
やきもきしたときはどうしたらいいのだろうか。

オーソドックスなやり方として有名なのが

「今結婚しないならもう別れる!!」

と極端な言動で男性を失意の底に
突き落とす方法である。

諸刃の剣ではあるけれど確かに効果は絶大。

わたしの周りにこれを実行した友人がいて
最終的にはプロポーズされていた。

(ただ酷い浮気が原因で断ったけど、
振る立場で別れられたことは良かったろう)

あとはこれも賭けにはなるけれど
妊娠しておめでた婚に持ち込むのも
適齢女性にとって決して悪くない方法だ。


◆そして実はこういう秘策もある

あんまり思い切ったことはできないという
タイプの女性には結婚しやすいとっておきの
秘策(でもなんでもないかもしれないが)がある。

それは

「賃貸の更新に合わせて
どうせなら結婚する方向に話を振る」


というもの。

おねえさん自身が結婚することになったのは
この住居問題と前項の問題がない交ぜで

「今の関係は恋愛のときめきという良さもなければ
結婚しているという安定感のどちらもない!!」

とパートナーを糾弾したことを皮切りに
賃貸の更新も迫っているし(勘違いだったけどw)
きちんと2人入居できる家を探そうっていう
展開になったのがきっかけだった。

で、わたしは自分の気持ちがあふれたときに

「わたしはこのままだと、いつかは
あなた以外のひとを好きになると思う」

「周りから何で結婚しないの?
とか言われてもう本当にうんざり!
そんなのプロポーズされないんだから
しょうがないし、わたしに言われたって!!」

とまあ出てきますわ、本音が。


◆一番大切なのは素直なコミュニケーション

そんな調子でドンチャカやった日があったけど
それで結局彼が「色香さんをもう悩ませまい!」
と結婚を決意。

実はそれ以外にいろいろ障害はあって

「わたしは事実婚でもいいよ、
結婚できないなら別れるとか
言うつもりもないから安心して。

わたしにとって幸せな結婚は
あなたとの間にしかないと思うから」

と本気で言えるまでに。

自分にとって重要なのはパートナーから
心底愛されて大切に扱われることであって
結婚そのものじゃないんだなあ、と
そのときすごく心が楽になった。

ドンチャカを通して相手の深い愛情に気づけたとき、
結婚云々っていうのが本当にどうでも良い形式的な
ことだって思えたのだ。

彼は「ありがとう、でも俺はちゃんと入籍したい」
と、わたしに妻という社会的立場を与えることに
最後までこだわってくれた。


◆女性が本当に求めているもの

多分ね、女性が心から望んでいるのって

「彼が自分と結婚したいと思ってくれているか」

であって、
現実の結婚ではないことも多いと思う。

やっぱり強く求められるのって
女性としてはすごく満たされるもの。

もちろん子供が欲しいとかってなれば
苗字どうするかとか色々あるし
事実婚のデメリットとかもあるんだけど。

・なぜ結婚したいのか?
・本当に求めているものは何なのか?


を明確にして、
素直なコミュニケーションが取れれば
結婚できるかどうかで悩む女性は
もう少し減るんじゃないかなと思う。

そしてコミュニケーションを拒む男性、
誠実に取り合ってくれない男性なら
仮に強引に結婚しても上手くいかないはず。

パートナーが本当に結婚に値する相手なら
女性があらゆる不利益や不安などの問題から
解放されるよう全力で手を尽くしてくれるものだ。


色香

関連記事
スポンサーサイト
色香おねえさん
Posted by色香おねえさん

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。